自然形体療法や自己療法、スクールなどご興味ある方は浜松市の中区にあるはままつ自然形体研究所へ

053-476-3042
053-476-3042 住所:静岡県浜松市中区高林1-8-10 渡辺ビル2F 最寄りバス停:遠州鉄道 少林寺入口
症例日記

2015年02月23日

肩こりの原因 

肩こりの原因には何があるのでしょう 

 

一般的に成人の頭の重さは5~6キロもあります。
そして、その頭を支えている首、肩には随分と負担掛かっています。
その為、肩こりは女性では1位、男性では2位になっているほど多くの方が悩んでいます。

中年以降は骨や筋肉が衰えるので重たい頭を支えるのが大変になり、首から肩のこりに注意が必要です。

 

肩こりの原因は数十種類もあって、人によってさまざまです。
そのなかで多くみられるのが、「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス」などが大きな原因とされています。
最近は、肩こりと血圧との関連も注目されています。

 

パソコンや読書、手仕事などのとき、多くの方は首を少し前に突き出す姿勢になります。
最近ではスマートホンの普及でネットやゲームに夢中になり下を向くことが多く、頭を支える首や肩には頭の重さを入れて20キロほどの負荷がかかっています。

 

また、両肩を少し前にすぼめる姿勢にもなり肩に負担がかかっています。
こうした姿勢を続けていると、首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じ、血流が悪くなり、肩こりを起こします。

 

また、細かい文字などを見続けると、目やその周囲の筋肉が緊張し、
それと同時に首や肩も緊張します。
このような筋肉の緊張は、筋違いなどを起こす可能性もあります。

 

筋肉は血液を送るポンプのような役割をしているので、運動を続けることで全身の血流を改善し、日ごろから肩こりを起こしにくいからだをつくることが大切です。

 

一般に、低血圧の方に多くみられる症状に、手足の冷え、立ちくらみ、肩こり、疲労感などが知られています。
そこに共通しているのは、血流があまりよくないために起こるという点です。
では高血圧の場合は、どうなのでしょうか。

 

高血圧の患者さんに多くみられる症状には、めまい、肩こり、頭痛、動悸などがあります。そのなかには、やはり血流の悪化と関係した症状が少なくありません。

 

また、ストレスを受けたときにも、交感神経の働きなどで血管が狭まり、血圧も上がり筋肉の血流も悪くなります。

 

このように、肩こりの原因は血流が悪くなるような動きをすることで起こると言えるでしょう。

 

 

 ☆自然形体は次のような症状に効果があります☆

○腰痛 ○リュウマチ ○頭痛 ○ムチウチ症 ○股関節症 ○自律神経失調症 ○四十肩 
○肩こり  ○腱鞘炎 ○手足のシビレ ○脊柱側湾症 ○背中の痛み ○O脚 ○X脚 
○骨盤の歪み ○リウマチ  ○猫背 ○椎間板ヘルニア ○オスグット ○捻挫 ○打撲 
○すべり症 ○ギックリ腰 ○挫骨神経痛 ○狭窄症 ○痛風 ○半月板損傷 ○ヘルペス 
○冷え性 ○更年期障害 ○妊娠中毒症  ○スポーツ障害 ○寝ちがい                                  
 
       上記以外の症状もお気軽にご相談ください
 
 
          ◆ ご予約お問い合わせ ◆
          ・TEL : 053-476-3042
          ・受付時間 : 10:00~19:00
          ・休診日 : 日・祝日
          ・住所 : 浜松市高林1-8-10 渡辺ビル2F
                  (日赤訪問看護ステーション2F)
 
 



pagetop