自然形体療法や自己療法、スクールなどご興味ある方は浜松市の中区にあるはままつ自然形体研究所へ

053-476-3042
053-476-3042 住所:静岡県浜松市中区高林1-8-10 渡辺ビル2F 最寄りバス停:遠州鉄道 少林寺入口
症例日記

2016年11月28日

胃下垂、内臓下垂で下腹がポッコリ!!

 
・*★50代 女性 主婦&1か月おきにOL★*・
 
 
最初に「胃下垂」
と診断されたのは
30代の頃、胃の検診で
バリウムを飲んだ時
 
しかし、
小学生の頃から
下腹部が出ていて
なんとなく自覚していたようです
 
お母様も胃下垂で
子供の頃から
胃下垂という認識を
共有していたようです。
 
主婦の仕事は
一通りして、体を動かしているが
その他の時間は
じっとしている時間が多い。
 
1か月おきに事務仕事をしているが
ほとんど座っている。
 
運動はしていない
 
寝ていると何時も足がつる
 
 
【症状】
・最近、下腹が以前より少しだが
出てきたような気がする。
・寝ていると足がつる
・肩こり
 
【施術】
・全身の調整
・頸椎から腰背部、臀部、下腿
の筋肉の弛緩
・頸椎前側から肋骨、腹部、鼠蹊部、下腿
に掛けての筋肉の弛緩
・特に肋骨から腹部、大腿
に掛けての筋肉の弛緩は丁寧に
施術した
・肋骨が硬く動きが少なく
開きにくいので可動を付けた。
・骨盤の位置を調整(骨盤調整)
 
 
【施術後】
・子供の頃からの胃下垂なので
普段の生活の中での改善点と
自己療法として
・インナーマッスルのトレーニング
・骨盤の矯正の仕方
の指導をしました。
 
 
一般的にある主な
胃下垂の自覚症状としては・・・
・胃もたれ
・便秘ぎみ
・下痢
・胸やけ(むかつき)
・吐き気
・食欲不振
・げっぷ
・お腹の張り感
などがあるかと思います。
 
 
下がった胃により
内臓が圧迫され
血流が悪くなり
冷え性になり易かったり、
 
胃の動きが悪くなる為
消化不良になりがちで
悪化すると
栄養失調に陥ります。
 
消化不良を起こすと
消化を促そうと
胃酸が多く出るため
胃潰瘍になる恐れもあります。
 
 
★胃下垂により出てくる
様々な症状を悪化させないように
気を付ける事柄として
以下のことに気を付けましょう。
 
・胃の負担を軽くするために
食事はよく噛んで
食べると良いでしょう
 
・内臓の働きを良くする為にも
自律神経の働きを乱さないように
ストレスを溜め込まないように
気分転換をしたり
睡眠をしっかりとると良いでしょう。
 
・1回の食事は
高エネルギーで刺激の少ないで
胃に優しい食品を選び
小食を心がけ
胃の負担を軽減しましょう
 
・高脂肪の食品や
アルコールなどにも気を付けて
食品を選びましょう。
 
・インナーマッスルを鍛えたり
骨盤の矯正をするのも良いでしょう、
 
 
★骨盤矯正はその人により
ズレの位置などが違うので
しっかり、検査をしてから
矯正しましょう
 
★インナーマッスルを鍛えるのも
その人の基本の筋肉量や
スポーツをしているかしていないか
体力の問題
なども有るので、
筋トレをしたことにより
壊れてしまう箇所が
出来ては意味がありません。
その方にあったトレーニングを
すると良いでしょう
 
 
◆当院では骨盤の矯正や
インナーマッスルのトレーニング、
生活の中での注意事項など
その人にマッチした施術や
トレーニングメニュー
をご指導致します。
 
 
 
・*★自然形体は次のような症状に効果があります★*・
 
○腰痛 ○リュウマチ ○頭痛 ○ムチウチ症 ○股関節症 ○自律神経失調症 
 
○四十肩 ○肩こり  ○腱鞘炎 ○手足のシビレ ○脊柱側湾症 ○背中の痛み 
 
○O脚 ○X脚 ○骨盤の歪み ○リウマチ  ○猫背 ○椎間板ヘルニア 
 
○オスグット ○捻挫 ○打撲 ○すべり症 ○ギックリ腰 ○挫骨神経痛 
 
○狭窄症 ○痛風 ○半月板損傷 ○ヘルペス ○冷え性 ○更年期障害 
 
○妊娠中毒症  ○スポーツ障害 ○寝ちがい
 
      *上記以外の症状もお気軽にご相談ください*
 
 
 
          ◆ ご予約お問い合わせ ◆
          ・TEL : 053-476-3042
          ・受付時間 : 10:00~19:00
          ・休診日 : 日・祝日
          ・住所 : 浜松市高林1-8-10 渡辺ビル2F
                  (日赤訪問看護ステーション2F)
 
 
 
 
 
 
 
 



pagetop